米澤一平×西山友貴×野本直輝『どうみる?』

米澤一平×西山友貴×野本直輝『どうみる?』



■ text

ぼくたちの、こうえんも、もっと、みんな、じゆうで、いられないだろうか

とんでみる、はしってみる、まわってみる、さけんでみる、のぼってみる、すべってみる、ゆれてみる、じっとしてみる

みんなは、こうえんで、どうして『みる』?


■ title

どうみる?


■ date

2019年 2月3日 日曜


■ performer

米澤 一平 tapdancer

西山 友貴 dancer

野本 直輝 artist


■ time

19:50start / 19:30open


■ price

予約

¥2,500(1drink付)

当日

¥3,000(1drink付)


■ place

綜合藝術茶房喫茶茶会記

〒160-0015 東京都 新宿区大京町2-4 サウンドビル1F

(丸ノ内線 四谷三丁目駅から徒歩3分)

http://gekkasha.modalbeats.com/


■ 予約・問合せ

ichi.yone.tap@gmail.com


■ フライヤー写真

m.yoshihisa


■ フライヤーデザイン

いけがみみゆう


■ performar

【米澤 一平 タップダンサー】

1989年生まれ、東京出身。2006年より世界的タップダンサー熊谷和徳に師事し、現在Kaz Tap Companyに所属。黒人奴隷の歴史をルーツとし米国から発祥されたオリジナルの『TAPDANCE』のカルチャーを学びながら、"足で床をTAPして音を鳴らす"という行為そのものに着目した独自の視点を交えた活動を始める。他分野のアートやパフォーマンスと、TAPDANCEとのクロッシングを試みて、音楽、歌、ダンス、コミュニケーション、感情表現、"TAPする"から生まれるさまざまな対話の可能性を探っている。現在四谷三丁目喫茶茶会記にて、17年より主催企画「In The Zone」月2開催中。


【西山 友貴 コンテンポラリーダンサー】

筑波大学体育専門学群を卒業後、同大学院に進学。

09年より文化庁新進芸術家海外研修員として一年間NYに留学。

2013年より〈Co.山田うん〉に参加。

他にも、平山素子、北村明子、近藤良平、向井山朋子、平原慎太郎など国内外で活躍する様々な振付家の作品に参加。

Inbal Pinto & Avshalom Pollak 演出・振付のミュージカル「100万回生きたねこ」、「百鬼オペラ 羅生門」にもダンサーとして出演するなど活動は多岐に渡る。

18年には飯森沙百合とのダンスユニット〈Atachitachi〉を結成し、即興ライブやミュージシャンとの創作活動を展開。

植草学園大学、帝京科学大学非常勤講師。


【野本 直輝 アーティスト】

1990年埼玉生まれ。2014年東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。映像やインスタレーション、パフォーマンスの制作を中心に活動、近年はイベント等の企画も行う。

HP https://naokinomoto.localinfo.jp